スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の力

前回、ノシメマダラメイガの幼虫が大発生したという記事を書きましたが、
今度は成虫のほうが大発生しました(TдT)
おそらくは見えないところに隠れていた幼虫が成長したものと思われます。
何日か捕っても捕ってもいつのまにかいる、ということを繰り返しましたが
今はすっかりいなくなってとても平和な日々を過ごしています。

DS典明です。まみむめも。
みんな、お米の管理には気をつけようね!


さて、今回はキーボードのお話です。
キーボードと言っても、楽器のことじゃないですよ。
パソコンの周辺機器であるアレのことです。


周辺機器であるアレ

上の写真はかなり昔にパソコンを買ったときについてきたキーボードで
けっこう長く使ってきたのですが、(すごい色あせちゃってるね!)
この度、Ctrlキーと無変換キーが利かなくなってしまいました。
Ctrlキーはホットキーの要となる重要なキーだし、
無変換もそれなりによく使うので、これはとても不便!
というわけで新しいキーボードを買うことにしました。

以前は、キーボードなんてどれも同じでしょ?付属品で十分。
などと思っていたのですが、やはりキーボードにも良し悪しがあるみたいで
実は機会があれば買いたいと思っていたのでした。

まぁ、そんな背景はどうでもいいんですが。
いろいろなサイトを見て思案した結果、下の写真のやつに決めました!


君に決めた!

うわー、前の写真との違いがよくわからない!
やっぱりキーボードなんてどれも一緒やったんや!

そんな冗談はこっち置いといて。(え、どこへ?)
新しいだけあって白いですね。前のキーボードもこんなんだったのかな。
右上にはロゴタイプが入っていました。


Topre   REALFORCE

というわけで、買ったのは東プレのRealforce108UHだったのでしたー。
Realforce。知ってる人は知っている。知らない人は検索してみてね。
その値段にびっくりすると思います。

普通、キーボードっていくらくらいだと思いますか?
または、いくらくらいだったら買いますか?
1,000円くらい?2,000円くらい?

驚くことに、Realforceの価格はその10倍します。
界王拳かっ!

どうせ買うならいいやつが欲しい!
ってなわけで奮発しちゃった、てへっ。

まだ使って何日も経ってないけど、感想や違いを書こうと思います。
(ちゃんとしたレビューが読みたい人はコチラをどうぞ。
 価格.comさんのレビューです。)


まず見た目は、上でも書いたけど普通のキーボードと何ら変わりありません。
しかし、細かいところで色々な違いが見えてきます。


2つの違い、わかるかな!?

まずは、長さが違いますね。
・・・と思いきや、これは写真の撮り方が悪いだけで実際には同じ幅です。
使い慣れた幅だと違和感なく使えるので、これはありがたいです。

キートップの傾斜も変わりました。


以前使っていたキーボード

これは前のキーボードです。
たぶんステップスカルプチャーというやつだと思います。
人間工学的にキーを押しやすいように作られているとかなんとか。


新しいキーボード

新しいキーボードはその傾斜が前のより急になってます。
いろいろ研究して、こっちの方が押しやすいということになったのかな。
それとも前のキーボードはステップスカルプチャーじゃないのかな。

正直、傾斜の違いによるキーの押しやすさというのは実感できていないです。
今のキーボードも前のキーボードも打ちやすいです。

傾斜の違いよりも、スイッチ方式や内部構造の違いがかなり大きいです。
詳しくは東プレのRealforceの特徴のページを見てもらえばわかりますが、
簡単に言うと、すごく打ちやすいYO!ということです。

すごく、と言っても「なんだこれは!こんな打ちやすいキーボードは初めてやー!キーボードのIT革命やー!」というほどではないですが。
でも、打ちやすいことは間違いないです。
1ヶ月くらい使い続けると他のキーボードを使いたくなくなるのかな。

前のキーボードと比べるとキーを押した感触は軽いです。
コトコトコトっと軽快に打つことができ、こうして文章を書くのが楽しいです。
前のやつはカチャカチャっという感じで、それはいいんですが
キーが若干ひっかかるような感じなんですよね。

ひっかかるという表現は適切じゃない気がするけど、なんて言えばいいのか。
キーの真ん中を上からちゃんと押さないと反応してくれないというか。
とにかく、新しいキーボードはキーが打ちやすいです。


また、Windowsキーが少し変化しました。


懐かしいWindowsのマーク

前のキーボードは上のようなキーだったのですが――


最近のWindowsのマーク

新しいキーボードはこうなりました。
マークが変わって、丸いくぼみがつき、幅が小さくなりました。
でも、これは今のキーボード全般に言えることなのかもしれないですね。
最近のキーボードをまじまじと見たことがないので気づかなかっただけかも。


見た目以外での大きな違いとしては、重量が全然違います。
大きさや見た目は普通のキーボードと変わらないけれど、
持ってみると違いは歴然。かなり重いです。
軽いノートパソコンくらいの重さといったらわかるかな。
落としたら壊しそうですごく怖いです。

それ以前にすごく高価なので、腫れ物に触るように扱っています。
手が汚れているのが気になったり、周りで飲食できなくなりました。
いつか手垢で汚れていくんだろうなぁ、と思うと切なくなります。



なんとなく撮ったカッコいい写真!


さっきも言いましたが、まだ使い始めて数日しか経っていないので
しばらく使い続けた後に、改めて前のキーボードを使ってみたいです。
どれくらい使いにくいんだろうか・・・
楽しみだ!


【Web拍手】高いお金を出しただけのことはあると信じたい
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

DS典明

Author:DS典明
左:Sigrun(元Tiamet)在住
Double=Screen=典明
右:きみょうな村在住
DSのりあき

※なんかあったらコチラ

最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
同盟

うさみちゃんシリーズ同盟うさみちゃんシリーズ同盟
このブログは『うさみちゃんシリーズ同盟』に加盟しています。

グリムス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。